筑西市のオススメ

Webサイト掲載内容変更のお知らせ

Webサイト掲載内容変更のお知らせ

いつも本Web サイトをご利用いただき、誠にありがとうございます。
この度、2019年4月にWeb サイトの掲載内容を変更しております。
変更したページと内容は下記です。

  • ・「行政サービス」ページの構成
ご利用いただいております皆様には、末永くご利用いただけますと幸いです。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

筑西市誕生祝金事業

筑西市誕生祝金事業

本市に誕生したお子さんを祝福し、子育て家庭の経済的負担の軽減を図るため、1人あたり20万円を贈呈いたします。
第一子誕生から20万円の支給があるのは、茨城県では筑西市だけです!申請方法や支給の要件等は筑西市サイトをご覧ください。

筑西市誕生祝金事業(筑西市サイト)

第2子以降の保育料を全額助成!(多子世帯保育料軽減事業)

第2子以降の保育料を全額助成!(多子世帯保育料軽減事業)

子育て世帯への経済的負担の軽減策として、年収や上の子の年齢に関係なく、3歳未満の第2子以降の保育料を筑西市独自に全額助成します。この事業は、納めていただいた保育料について、申請を受けて助成するものです。該当世帯には1月ごろに申請書を送付しますので、助成金の交付を希望する人は、必ず申請してください。(ただし、保育料、市県民税、固定資産税(都市計画税を含む)、軽自動車税及び国民健康保険税の滞納がないことが助成要件です。)

多子世帯保育料軽減事業の実施について(筑西市サイト)

こども家庭総合支援拠点を併設した子育て世代包括支援センターをご利用ください。

こども家庭総合支援拠点を併設した子育て世代包括支援センターをご利用ください。

母子保健課に保健師や母子保健コーディネーターなど専門の相談員を配置し、妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援を行っています。妊娠中の生活は?出産が不安、わたしの子育てはこれでいいの?などの悩みや相談に応じ、安心・安全な出産や子育てに向けてサポートします。さらに、子ども家庭支援員、虐待対応専門員を配置し、継続した子育て支援が必要な家庭に対し、地域の関係機関と連携してそれぞれの家庭に合った支援を行っています。

子育て世代包括支援センター(筑西市サイト)

こども家庭総合支援拠点(筑西市サイト)

全国版「子育てタウン」サイトからのオススメ

6月は「食育月間」。今、知っておきたい食育のこと

2022年6月2日

毎年6月は「食育月間」です。食育という言葉が浸透しはじめたのは何がきっかけだったのか、食育の大きな目標は何なのか、家庭でできる食育にはどんなものがあるのか。この機会に、あらためて考えてみましょう。

6月は「食育月間」。今、知っておきたい食育のこと

知っておきたい! 地域で見守る「子ども110番の家」

2022年5月2日

地域の子どもたちを犯罪から守るための大切な拠点となっている「子ども110番の家」について、実際の活動内容などを紹介します。子ども同士で連れ立って遊ぶようになる就学前に、近隣の「子ども110番の家」やその役割をきちんと伝えておきましょう。

知っておきたい! 地域で見守る「子ども110番の家」

知っておきたい! 未熟児養育医療給付制度

2022年4月1日

未熟児養育医療給付制度とは、体重2000グラム以下など、身体の発育が未熟なまま生まれた新生児が自治体指定の医療機関で入院・治療を受ける際、必要な医療費が給付される制度です。もしものときに頼りになる制度のあらましを予習しておきましょう。

知っておきたい! 未熟児養育医療給付制度

強力な磁力のマグネット玩具に注意! 誤飲するととても危険です!

2022年3月1日

「ネオジム磁石」と呼ばれる強力な磁石でできた直径数ミリのマグネットボール、マグネットキューブの誤飲事故が多数報告されています。複数のマグネットボールを飲み込むと胃や腸の壁を挟んでくっついたまま動かなくなり、深刻な事故につながる可能性があります。

強力な磁力のマグネット玩具に注意! 誤飲するととても危険です!

「産後パパ育休」が取りやすくなる! 2022年4月から「育児・介護休業法」が改正されます

2022年2月1日

2021年6月に「育児・介護休業法」が改正され、2022年4月1日より順次施行されます。働く子育て世代をサポートする法改正の最新情報をチェックしていきましょう。

「産後パパ育休」が取りやすくなる! 2022年4月から「育児・介護休業法」が改正されます

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく